探偵に浮気の調査を要請

探偵に浮気の調査を要請して、しっかりとした確証が得られれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることもできます。
心から信用のできない人間と一生共に生活することはストレスは相当なものになりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。
それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求すると配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。
探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が発見された時、結婚生活を維持するかどうか決めかねますよね。
ひとまず冷静になって、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、一度考えてみてはいかがでしょうか。夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。実費には移動にかかる費用、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査中の食費が加わることもあるかもしれません。
そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用が算出されます。
短い期間で浮気調査を終えると支払い額も安くなります。浮気の根拠を手にするには、最も確実な方法は探偵に浮気調査を頼むことです。
しかし、探偵に依頼するのは費用が高くつきますから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。探偵への浮気調査の依頼は、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所それぞれで料金はまちまちなので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚の必要性については考えるべきでしょう。
子供がいらっしゃる場合だと特に、旦那、妻の浮気が発覚したからといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。
相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。男手一つで育てる場合にもまた同様で仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。
探偵の比較はコチラ!浮気調査の実績と費用から選ぶ探偵社ランキング

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ